結婚式 二次会を欠席する場合の断り方

急な用事により、直前に欠席する場合

欠席の連絡は、どうする?

出席で返事をしていたにもかかわらず、急遽、欠席しなくてはいけなくなったケースについて、ご紹介します。

結婚式当日の急遽の欠席の場合、新郎新婦はバタバタしているので、直接電話やメールをするのは控えましょう

二次会の幹事の連絡先が分かっている場合には、二次会幹事に欠席の旨を連絡するのが一番ベストです。

連絡先がわからない場合には、披露宴から出席している人に欠席の旨を伝えて、披露宴に来ている二次会幹事の方に伝えて頂くのが良いと思います。

どうやって、お祝いの気持ちを伝えるか?

新郎新婦との関係にも左右されますが、二次会の中で、当日参加している友人より、さりげなく、新郎新婦に欠席のお詫びとお祝いのメッセージを伝えて頂くのが新郎新婦に一番負担のない形かと思います。

新郎新婦と仲が良く、きちんとしたお祝いの形を当日に届けたい場合には、二次会会場に電報を届けるのもスマートですね。

新郎新婦は当日夜、もしくは、翌日には電報を読みますので、きちんとお祝いの気持ちを伝えることができるかと思います。

会費は、払うべき?

通常二次会は参加人数に基づいて飲食費を計算しているケースが多いので、後日、欠席の場合でも会費を支払う旨を新郎新婦にお伝えするのが一番スマートです。

実際は、二次会の参加人数を少な目に申請していて、一人分の会費を吸収できたり、当日の人数調整が可能な二次会会場もあるかと思いますが・・・。

二次会をお祝いできなかったので、改めてお祝いをしたい旨と会費を支払いたい旨を新郎新婦に伝えます。その場合、新郎新婦から『会費はいらないよ』と言われるケースも多いかと思います。その場合は、新郎新婦との関係にも依りますが、会費相当のプレゼントを渡したり、ご飯をご馳走するなどという形を取るのも良いと思います。

 

また、通常、二次会幹事が二次会終了後にお店に会場費をお支払するのが一般的ですが、予算がギリギリの場合もございます。

そんな時には、二次会に参加する友人に二次会会費を立て替えてもらって、二次会の受付が落ち着いたときに、支払ってもらうのも選択肢の一つです。

(二次会幹事の予算繰りの都合がつくようでしたら、『欠席の方の会費は大丈夫です』と言われることも結構あるかと思います)

 

ページ: 1 2