【結婚式 エンドロール コメント】コメントの順番と文例をご紹介!

結婚式の最後に流れるエンドロールも、エンディングで披露宴の印象を左右する為、非常に重要ですよね。また、参列者も自分に対するコメントがあると、新郎新婦の気持ちが伝わってきて、うれしいですよね。

今回は、結婚式のエンドロールのコメントのつける順番とコメントについて、ご紹介します。

コメントの順番

コメントの順番は、披露宴の席次と同じく、主賓が最初で、最後に両親という順番が一般的です。また、冒頭か最後か両方に、主席して頂いた皆様への感謝の気持ちや今後の抱負などのメッセージを付けるのが一般的です。

1.感謝の言葉

まずは、出席して頂いた方への感謝のメッセージを述べるのが一般的です。代表的なコメントを紹介します。

本日はお忙しい中、私たちのためにご列席いただきまして本当にありがとうございます
今 ここにいらっしゃる皆様は 私達ふたりにとって 何よりも大切な宝物です
そんな皆様に見守られて この日を迎えることが出来たことを心から幸せに思います
これからもどうぞよろしくおねがいします

 

今日はお越し頂き本当にありがとうございました
みなさまからのあたたかい気持ちを忘れずに
二人で力をあわせてがんばっていきたいと思います
これからもどうぞ宜しくお願いいたします

 

 本日はお忙しい中 私たちのためにお越しいただき
本当にありがとうございます
皆様に見守られながら この日を迎えることができて
心から幸せに思います
まだまだ未熟なふたりですが これからもご指導ご鞭撻の程
よろしくお願い申し上げます

 

皆様のおかげで
今日 この日を迎えることが出来ました
今後とも末永い ご指導ご鞭撻の程
宜しくお願い致します
本日は本当にありがとうございました

 

本日はお越しいただきまして まことにありがとうございます
今後とも末永いお付き合いのほど よろしくお願い申し上げます

 

本日はおいそがしいなか 私たちのためにご出席いただき 本当にありがとうございます

 

2.参列者の紹介&コメント

新郎新婦をそれぞれに分けて主賓から両親まで紹介するパターンと、主賓や会社関係などそれぞれのブロックで新郎新婦の参列者を紹介するパターンのいずれかが一般的です。
最後に、ウェディングプランナーや司会の方など、結婚式でお世話になったスタッフの方にも感謝のメッセージを入れるのも良いかと思います。

新郎参列者と新婦参列者を分けて紹介するパターン

  • 新郎主賓
  • 新郎会社関係
  • 新郎友人
  • 新郎親戚
  • 新郎両親
  • 新婦主賓
  • 新婦会社関係
  • 新婦友人
  • 新婦親戚
  • 新婦両親
  • (スタッフの方)

新郎と新婦を別々に分けて作成したエンドロール動画をご紹介します。

 

次のページでは、参列者を分けないパターンと、締めの言葉をご紹介します。

ページ: 1 2 3