結婚式 ご祝儀袋 書き方&お札の入れ方

内袋の表裏&書き方

ご祝儀袋の中には、内袋と言われるお札を入れる袋が入っています。
こちらは、表と裏がありますので、ご注意してください。
内袋の表には金額を記入し、裏には住所と名前を記入してください。
記入する際は、ボールペンではなく、筆ペン、もしくは、毛筆を使いましょう。その際、筆ペンには、普通の墨色と、薄い墨色の二種類ありますが、薄墨は弔事用ですので、必ず濃い墨色の方を使いましょう。

結婚式ご祝儀袋書き方(内袋)

内袋に金額や氏名の記入がないと、後日、新郎新婦がご祝儀を確認するときに困ってしまいますので、必ず記入しましょう。
金額の書き方ですが、『金+金額+円(もしくは、圓)』と記入します。
金額は旧字体で記入するのが一般的と言われています。

  • 1万円:壱萬円
  • 2万円:弐萬円
  • 3万円:参萬円
  • 5万円:五萬円(伍萬円)
  • 10万円:壱拾萬円

 

お金・お札の入れ方

お札は、内袋の表面に、1万円札の表がくるように入れてください。(ちなみに、1万円の表面は、福沢諭吉の肖像がある面です)

ご祝儀袋の内袋へのお札の入れ方

次に、内袋をご祝儀袋の中に入れます。その際、ご祝儀袋の裏側の上の方から内袋を入れるようにしてください。
(最近のご祝儀袋は、ご祝儀袋にお金の封入口があり、入れやすくなっている場合も多いです)

ご祝儀の入れ方

内袋を入れたら、ご祝儀袋を元の形に戻してください。その際、ご祝儀袋の裏面ですが、上の紙が内側に入り、下の紙が外側になっていることを確認してください。
(祝い事の時は「天を仰いで喜びを表す」という意味から、下の紙が上(外側)に来るようにしますが、葬式などの時に「頭を垂れて悲しみを表す」とのいう意味から上の紙を上(外側)に来るようにします)

ご祝儀袋の閉じ方

 

ご祝儀袋の書き方

ご祝儀袋の書き方ですが、人数によって異なります。

 一人の場合

特に注意すべき点はございませんので、気持ちを込めて記入しましょう。

結婚式のご祝儀袋(一人の場合)

夫婦の場合

表紙に連名で名前を記載します。奥様の名字は省略しても、フルネームで記入してもどちらでも大丈夫です。

結婚式のご祝儀(夫婦)

複数名の場合(3名まで)

複数名の場合、年齢や立場が異なる場合は上の方から順に名前を記入します。同じ場合には、五十音順に記入します。

結婚式のご祝儀袋(3人)

複数名の場合(4名以上)

4名以上の場合、代表者のみを表面に記入し、他の人については、別紙に名前一覧を記入し、ご祝儀袋の中に入れます。
この場合の記入の順番は、3名の時と同様です。

結婚式のご祝儀袋(4人以上)

会社の場合

社名と代表者を表面に記入します。連名の場合には、4名以上の場合と同様に、別紙に名前一覧を記入し、ご祝儀袋の中に入れます。

結婚式のご祝儀袋(会社)

自分が書く文字に自信がない場合

会社や友達など字の上手な人に頼むのもいいですし、ご祝儀袋を購入した際に代筆で記入してくれるサービスもありますので、心配な方はチェックしてみてください。

 結納屋 長生堂

 

次のページでは、ご祝儀袋の渡し方をご紹介します。

ページ: 1 2 3