結婚式 エンドロール 順番~オススメの2パターンをご紹介!!

エンドロールの順番の2パターン

エンドロールの順番ですが、大きく分けて、2つのパターンがあります。

新郎と新婦別パターン

結婚式の席と同様に、新郎と新婦をそれぞれ分けて順番付けするので、悩むことが少なく、順番を決められるのがメリットです。

ただ、デメリットとしては、新郎と新婦の両親がエンドロールの最後に来た方がエンドロールとしては美しいのですが、前半の最後に新郎の両親の名前が出てしまうことがデメリットです。

 

新郎と新婦一緒パターン

新郎と新婦の招待者を一体化させたパターンです。先ほど紹介した5つのグループ毎に、新郎と新婦を交互に紹介していきます。

①主賓グループ(新郎)→主賓グループ(新婦)
②会社関係グループ(新郎)→会社関係グループ(新婦)
③友人グループ(新郎)→友人グループ(新婦)
④親戚グループ(新郎)→親戚グループ(新婦)
⑤家族グループ(新郎)→家族グループ(新婦)

こちらのパターンだと、最後に両家の両親が一緒に紹介されるため、より一体感のある締まったエンドロールになることがメリットです。こちらの方が感動をより誘いやすいと思います。特に、コメントを付ける場合には、一緒のパターンがオススメです。

実際のエンドロールのご紹介

新郎と新婦を別に分けたエンドロール

肩書・関係なしのエンドロール

新郎と新婦を別に分けた形で紹介しているエンドロールです。また、新郎新婦との関係や会社の肩書なども書かず、それぞれの招待者へのコメントもつけてないシンプルなエンドロールになっています。

 

肩書・関係ありのエンドロール

こちらの動画も新郎と新婦を別に分けた形で紹介しているエンドロールです。主賓・会社関係の方には会社名や肩書もつけていて、また、席次表のように、新郎新婦との関係がわかるグループ名もついたエンドロールになっています。

 

両親のみ一緒に最後

新郎と新婦が、それぞれの順番で招待者に感謝のコメントを綴っていますが、両親のみ最後にまとめています。新郎からの新郎両親へのコメントの次に、新婦からの新婦両親へのコメントが綴られています。

 

新郎