【結婚式 二次会 ゲーム クイズ】新郎新婦問題例や盛り上げのコツをご紹介!

出席者の新郎新婦クイズへの感想

実際に、結婚式の披露宴や二次会で新郎新婦クイズに参加された方の感想が紹介されていますので、ご参考にしてみてください。
こちらの感想は、ウェディングパークから引用しています。

二次会に呼ばれて参加しました。
ビンゴはなく、新郎新婦に関してのクイズがあり、ランダムに分かれたグループで答えを考えました。
色々な友人関係がある人が同じグループ内にいるので、答えが分かって正解すると、とても盛り上がりました。
更に、二人の事もよくわかって、結婚式にはいいゲームだな、と思いました。

 

新郎新婦にまつわることをクイズ形式で出し、プレゼントが当たるというものでした。立食式でしたのでどうしても新婦側は新婦側、新郎側は新郎側でまとまりがちですが、クイズを入れることで、ゲストの交流も行えたり、意外な一面を知ることが出来て良かったと思います。
少し二次会よりの内容だったかもしれませんが、演出として楽しめました。

 

お色直しをしている間にプロフィールDVDを流しました。
余興の時間にそのDVDの内容を基にクイズ大会をしました。
新郎新婦各五問ずつの三択で、全員にわかる問題と、誰にもわからない問題を混ぜて出題しました。
その結果、商品を手にしたのは新郎友人、新婦親戚(79歳のおじいちゃん)、新婦友人と年齢や特定の層に偏ることもありませんでした。
ちなみに、クイズの問題は一週間ぐらい前にあらかじめ司会の方に渡しておきました。
事前に渡しておいた紙を見ながら司会の方が様子をみて、回答者や新郎新婦にインタビューなどもしてくれたので、年配の方も楽しんで参加でき、会場の雰囲気が和みました。

 

新郎新婦のことを題材としたクイズ大会がとてもユニークで面白かったです。
絶対に知人にしかわからないようなクイズ大会で司会の方の絶妙なトークなんかもさえわたっていて会場の笑いをおおいにさそっていました。
私は新婦の友人として参加したのですが、全く正解することができませんでした。
ちなみに優勝者は新郎の親友ともいえるべき人です。

 

クイズに答えて、景品がもらえる余興がありました。
クイズの内容は「プロポーズの言葉」や「新郎新婦、お互いの好きな所」など、
新郎新婦に関することで、2人のことを知れたので楽しめました。
クイズの内容を聞いていると、本当に幸せそうなのが伝わってくるので、
このような余興も良いと感じました。

 

友人の結婚式に参列したのですが、その友人がやった余興は
PCとプロジェクターを使用した、2人の馴れ初めをクイズにしたものでした。
各テーブルに回答用のスケッチブックを配り、2人が最初に行ったデートの場所、
プロポーズの言葉などを問題にしていました。
1番正解したテーブルの人達には商品も出ていましたよ!
もちろん、最後の問題はポイントが10倍でした

 

友人の二次会での余興、最近ありがちかもしれませんが、テーブル対抗クイズ大会!でした。
問題があって、1から3までの答えを選ぶというもの。
二人の思い出の場所は?
プロポーズの言葉はなんでしょう?
といった定番のものから、
花嫁の服はどれでしょう?
などといったなんでやねん、とつっこみたくなるような問題まで、軽快なトークとともにたのしませてもらいました!
商品が当たらなかったのが残念でしたが、和気あいあいと楽しく盛り上がれました!

 

新郎・新婦の生い立ちごとにクイズを事前に出題し、正解を徐々にあきらかにしていく。新郎友人ということで、新婦のことはまったくしらなかったので、その クイズのおかげで、友人の小さいころのことや、新婦のことを知ることができた。正解者は前に呼び出され、プレゼントを渡される。ちょっとしたプレゼントな んだけれど、新婦から渡されることで、「この二人を今後も応援していこう」という気持ちになった。ケーキの配膳も新郎・新婦が直でやってくれて、本当によかった

 

新朗、新婦が考えた、自分たちに関する問題を出席者に答えてもらう。10テープルあり、テーブルごとに考え三択問題でパネルをあげ る。新朗が問題を読み、 新婦が答えを発表するという微笑ましい仕方でした。10問あり正解が一番多いチームにプレゼントをする。プレゼントはこだわりのドイツビール。質問の一部 ●二人で一番初めにデートした場所は?●彼女に初めてプレゼントしたもの?●二人が共通の好きな食べ物は?テーブルごとにも盛り上がり、新朗新婦のことを 改めてわかった事もあり楽しい披露宴になったと思います。

 

ページ: 1 2 3 4